シルクロード西の終着駅 トルコに伝わるキリムとワインの会  2/23(土)19:00〜
new
5c51aeb5787d846e64dc5e53 5c51aeb5787d846e64dc5e53 5c51aeb5787d846e64dc5e53 5c51aeb5787d846e64dc5e53 5c51aeb5787d846e64dc5e53 5c51aeb5787d846e64dc5e53 5c51aeb5787d846e64dc5e53 5c51aeb5787d846e64dc5e53 5c51aeb5787d846e64dc5e53 5c51aeb5787d846e64dc5e53 5c51aeb5787d846e64dc5e53 5c51aeb5787d846e64dc5e53

シルクロード西の終着駅 トルコに伝わるキリムとワインの会  2/23(土)19:00〜

¥3,000 税込

送料についてはこちら

◎こちらは商品ではなく、トークイベントの「参加」のお申し込みとなります。 シルクロード西の終着駅、トルコ。 この地に伝わる織物、キリムについてのトークイベントを開催します。 トルコのアンタルヤで絨毯・キリム屋を営んでいる、ミフリの野中幾美さん。書籍『トルコのちいさなレース編み オヤ』も出版され、オヤのイベントも数多く開催されているので、ご存知の方も多いでしょう。 野中さんは、トルコ各地の様々な伝統手工芸品の興味を持ち、作り手のところまで、はるばる話を聞きにいき、各地の貴重な手工芸品のコレクターでもあります。とりわけ、絨毯、キリムは本業です。 キリムが欲しい、と思っても、何をどのように選んだらいいか、わからないもの。 ここで、じっくりキリムのお勉強をしましょう。 どんな濃い話が飛び出すか、ご期待ください。 <出演者プロフィール> 野中幾美/のなかいくみ 都内の出版社編集部勤務後、フリーランスライターとして活動。1995年より、トルコ・アンタルヤ在住。トルコ伝統手工芸の店「ミフリ」を経営。キリムやオヤをはじめ、トルコ手工芸を日本に伝えるべく、メディア執筆や講演を多数行う。著書に『受け継がれるイーネオヤをつくる楽しみ トルコのちいさなレース編み オヤ』(誠文堂新光社)がある。http://www.mihri.org 会場では、トルコのワイン、お茶、お菓子をご用意しています。 食事ほどのボリュームではないので、時間帯的に お食事を済ませてからのご来場がおすすめです。 fukadaso cafeでは、ビール、コーヒー、紅茶などのカフェメニューもございます。(別途料金となります) 「シルクロード西の終着駅 トルコに伝わるキリムとワインの会」 日時:2019年2月23日(土) 19:00〜21:00 参加費:税込3000円 定員:30名さま 会場:fukadaso cafe (Baharのあるfukadao1Fのカフェです)     東京都江東区平野1-9-7 fukadaso 1F 地図はこちらにございます。 https://goo.gl/maps/DwdeckzCS922 大江戸線・半蔵門線の「清澄白河駅」のA3出口より 徒歩5分ほどです。 ◎ご参加1名さまにつき「1個」ずつ、カートに入れてください。 ◎2名さま以上でご参加の方は、人数分の個数をカートに入れてください。そのさい、「備考欄」にて参加者全員の方のお名前をご記入ください。 ◎参加費は先にご入金いただく形になります。ゆうちょ銀行への振込、クレジットカード、コンビニ決済がお選びいただけます。 コンビニ決済は、支払い期日が短いので、お気をつけくださいませ。 ◎「発送完了」のメールをもって、受付完了とさせていただきます。 ◎会場の準備がありますので、開催日の5日前からのキャンセルは、なにとぞご容赦くださいませ。 ◎SOLD OUTの場合はキャンセル待ちも承ります。「再入荷おしらせ」からお申し込みくださいませ。 ◎原則として先着順のため、ご希望にそえない場合もございます。 どうぞご了承くださいませ。 それではお申し込み、お待ちしています☆ また、キリムの展示販売をBaharで行います。 オールドキリムから現代のキリムまで、ラグからバッグなどの小物まで、いろいろ取り揃えています。 「トルコ遊牧民の織物キリム、今昔(いまむかし)」 2月14日(木)〜16日(土)、21日(木)〜23日(土)、 28日〜3月2日(土) 13:00〜18:00 会場 Bahar(バハール) 東京都江東区平野1-9-7 fukadaso 203 tel.03-3630-3670 清澄白河駅A3出口より徒歩5分